集会所展示作品が変わりました

集会所展示作品が竹細工展から絵画展に変わりました。「夫婦絵画美術展」と名前をつけさせていただきました。

奥様は優しい色使いで、優しいお花の水彩画、お人柄がうかがえます。ご主人様は、特殊の色鉛筆で浮きだたせるように重ねる手法で描かれた作品だそうです。気の遠くなる様な繊細な技術ですね。お花、赤ちゃんからおばあちゃんと多種にわたり楽しませていただけます。

作者は13班 遠山様御夫妻です、ご夫婦が長年にわたって同じ趣味を続けてこられることは、とても素晴らしいことですね。是非、末永くお二人で続けてたくさんの作品を生み出して下さい。期待をしています。

集会所に足を運んで鑑賞、して、コロナの暗い気持ちを忘れて、癒して頂けましたら幸いです。お待ちしております。 (下薗)