「自治会トピックス」カテゴリーアーカイブ

花壇に花苗を植えました

6月12日の午前中、東部コミュニティによる花苗配布があり、中央公園と奥の花壇に、花苗を植えました。

花壇は、5月下旬に秋冬の花を抜き、土を掘り起こして植える準備をしていました。そして今日、23班の樋熊さんのご協力で花苗を運んでいただき、中央公園の花壇は環境管理部の部員さんが、奥の花壇はボランティアの方々が花苗を植えました。
子どもたちの夏休みが始まる頃には、きれいな花壇になることでしょう。
(写真と文:藤井)

公園の草刈りを行いました

6月5日の土曜日に草刈り隊による公園の草刈りを行いました。
コロナウイルスによる非常事態宣言を考慮して、5月30日のクリーンキャンペーンが中止となったため、草刈り隊による草刈りも1週間延期し、刈り草集めも自治会役員と班長のみの対応としました。

土曜日の草刈りは、少し前の炎天下とならずに、草刈りができました。日曜日の草集めは、多少の雨が降る中、草集めを行いました。

秋の草刈りは、クリーンキャンペーンと同時開催ができることを祈ります。(写真と文:藤井)

ゴミ置き場の改善を行いました

深山口地内の1箇所目:
ゴミ置き場のカラス対策のためにカラス避けネットを固定化した場所は、固定化の際にネットを2枚を一組にくっつけたため、「重くなった」との苦情を受けまして、改善を行いました。
パイプ材を組んで、地面よりも高い位置からネットがかけられるようにして、また、ネット受けにネットが収納できるようにしました。そして、ネット2枚を別々に固定して、1枚ずつ取り扱えるようにしました。

 

深山口地内の2箇所目:
当番の方の高齢化で「カラス避けネットの持ち回りが大変」と言うご意見があり、近隣の方の許可を得て、カラス避けネットを固定化するラックを製作して、ネットを固定化しました。

ともに、今週の月曜日から運用を行い、不都合がある箇所は、適宜、改善していきます。(写真と文:藤井)

令和2年度 防犯・防災パトロールが行われました

令和2年度の防犯・防災年末パトロールが12月19日(土)午後6時半より行われました。この自治会パトロールは、私たちの八幡台の安全・安心なまちづくり、そして地域防犯・防災意識の高揚をはかるため、毎年恒例でおこなっているものです。今年は2月以降のコロナ禍の拡大により、自治会行事の大半が中止となりましたが、このパトロールは自治会活動の基本である「安全・安心まちづくり」を目指して三密を避けて行われたものです。

この日は、今月中旬の寒波襲来で、ストーブをはじめ暖房器具の使用も本格化して、火災予防の意識付けにはちょうどいいタイミングになりました。夕方6時半に中央公園と西の花壇の二か所に分かれて、山本自治会長、浜田防災管理部長。藤井市会議員をはじめ役員・班長さんたちが事前打ち合わせを行ってから、マスクを着用し、防犯灯、拍子木を手に団地内を四つのコースに分かれて全路地を回って「戸締り用心」「火の用心」と呼びかけました。

パトロールの後は、定例班長会の前に集会所に再集合して、コースごとの指摘事項などの確認と取りまとめを行って年末の無事を祈念しました。

寒い中、参加されたみなさんごくろうさまでした。安心・安全なまちづくりに向けてみんなで力を合わせましょう。 (文と写真:横尾)

集会所の太陽光発電を開始しました

八幡台集会所の大規模修繕に伴い、太陽光発電システムを取り付けました。

取付完了
取付完了

これは、京セラ関電エナジー社の「ちゃんとグッド」サービスを利用し、電力を京セラ社より10年間購入することを条件に、太陽光発電を無償で取り付けてもらえるサービスです。このサービスを公共施設に利用した事例は、八幡台自治会が初めてであったようで、書面のやり取りなどに少し手間取りましたが、本日無事に稼働し始めました。

10年間は太陽光発電による収入はありませんが、10年間は災害などでの停電時には太陽光発電で発電した電力は利用が可能となります。また、10年後には無償譲渡される事となり、その後は売電収入も期待できます。(写真:施工会社、藤井、文:藤井)

子どもクラブ:親子DE寄植え会を行いました。

2020年12月6日(日)の13:00から、親子DE寄植え会を中央公園で行いました。
この寄植え会は、町内にお住まいの「ゴールド建装りぶわん」さんが加入されている、日本ハンギング協会知多支部さんのご協力により、花苗や資材などすべて提供いただきまして開催することができました。

今回は、事前申込みの20組の親子が参加され、講師の方の指導を受けながら、一鉢一鉢、思い思いの配置で楽しく花を植えていました。植え方も、ポットに入っていた苗の根っこをしっかりとほぐさないと根っこが水を吸わなくなるとか、隙間をしっかり土で埋めないと水が流れていってしまうなど、いろいろな鉢植えのテクニックを教えていただきながら、親子で楽しく鉢植えを作っていました。

皆さん手際がよく、1時間程度の予定時間が30分程度でほとんどの方が植え付けを終わってしまうほどでした。

愛知県は、花の産地だそうなのですが、今年は花の消費が少なく生産者さんも困っているそうです。町内の皆さんも、庭や鉢植えにたくさんの花を植えていただき、町を華やかにするとともに、生産者さんの応援もしていきましょう!
ご協力いただきました、日本ハンギング協会知多支部の皆様、ありがとうございました。
(写真と文:藤井)